秋を迎え~新たなる旅立ちの準備~

今年の夏は例年を超える酷暑の日々でした。

そんな過酷な環境を乗り越え、季節もやっと秋らしくなってきました。
この時期になると、来年の全国大会の予選を兼ねた10月の秋季都大会を控え、5年生以下の『新チーム』としての準備も最後の追い込みを迎えてきます。

6年生の活動としては、残すは葛飾区ソフトボール連盟主催の連盟戦のみとなります。
この頃になると、各中学校への体験や11月に行われる各都道府県の選抜戦など公式戦以外での活動が増え、チーム練習に参加する日が少なくなってきて、上千葉フレンズの選手としての活動も残りわずかです。

毎年のこの時期になると、次のステップに向かう6年生フレンズ娘たちの将来を祈り応援しながらも、「この姿を見れるのも、後ちょっとしか無いんだなぁ・・・」と少々寂しさも感じます。

そんな中、先日9/17に東京立正中学で開催された「立正杯」がオール葛飾娘としての6年生の最後の試合となりました。
これは歴代のOG達が進学してソフトボールを続けている中学校にて開催される親善試合で、東京立正中学でソフトボールを頑張っているフレンズOG達も久々の現役選手の活躍を楽しんでもらえたかな、と思います。
現役のフレンズ娘たちも6年生の雄姿を目に焼き付けてくれたと思います。

これから新たな世界に挑む6年生フレンズ娘たち、そして頼もしかった6年生が抜け新たな戦力でこれからを戦っていく新生フレンズ娘たち。
それぞれが新たなる世界に向けて準備を進めています。

5月に入団してくれた新フレンズ娘たちも試合や練習を通し、上達し始めています。
上級生も6年生が不在の中、中心選手としての自覚も芽生え始め、下級生のフレンズ娘たちの面倒をみるようになってきています。
下級生のフレンズ娘たちも先日の練習の際、「~ちゃん(5年生)って最初からピッチャー上手だったの?私もやれるかな?」「~ちゃん(これも5年生)みたいにキャッチャーになれるかな?」とかコーチに訪ね来ることも増えてきて、そんな時は「みんな最初は上手じゃなかったけど、いっぱい練習して今みたいに上手になったんだよ。」と答えると「そっかぁ!私も頑張る!( ゚д゚ )クワッ!!」と頼もしい決意表明(?)を表明してくれます。

管理人もコーチとして、そして親として、これから無限の可能性を秘めている子供たちを見守りながら、子供たちと一緒にソフトボールを楽しんでいこうと思います。

・・・ここで部員募集告知です!

こんな上千葉フレンズで一緒に楽しくソフトボールに触れてみませんか?
まだまだ部員は14名の小さなチームですが、みんな元気いっぱいに笑顔でソフトボールを楽しんでいます。

見学・体験等ご希望のご連絡をいただければ、適宜体験会を開催させていただきます。
どんなチームか見に来ていただけだけでも結構です!お気軽にお問い合わせください。

15人目の将来のフレンズ娘を心よりお待ちしています!!